ご利用のブラウザに対応しておりません

Lenovoサポートサイトは Microsoft© Internet Explorer 10+ 以上 Mozilla Firefox 29+ 以上 Chrome 34+ 以上や、他の最新のWebブラウザに対応しております。

      Lenovo OneKey Rescue System 7.0 の使い方

      内容

      Lenovo OneKey Rescue System 7.0について、以下の2つの機能で構成されています。
      OneKey Rescue System (シャットダウン状態で Novo ボタンを押してログインする)
      OneKey Recovery (Windows ソフトウェア)

      このソフトウェアにはシステムのバックアップとリストア以外にも多くの役立つ機能があります。

       

      対象機種

        • Lenovo/ idea ノートブック

      オペレーティングシステム

        • Microsoft Windows 7

      関係するシステム構成

        • Lenovo OneKey Recovery 7.0

       

      方法

      OneKey Rescue System(シャットダウン状態で Novo ボタンを押してログインする)

      システムをシャットダウンした状態で、を押してOneKey Rescue システムにログインします。「OneKey Antivirus」、「OneKey Recovery」、「System Setup」があります。


      図1


      OneKey Antivirus

      1. 「OneKey Antivirus」をクリックします。
      2. オプションが2つあります。図2をご覧ください。


      図2

      a. 「Quick Scan」はコンピューターのもっとも感染しやすい領域をスキャンします。
      b. 「Full Scan」はコンピューター全体を完全にスキャンします。


      OneKey Recovery

      1. 「OneKey Recovery」をクリックすると、このプログラムが起動します。
      2. 2つのタスクから選べます。


      図3

      a. 「Restore from initial backup」を選択すると、システムパーティション (C ドライブ) が初期状態に復元されます。
      b. 「Restore from user's backup」を選択すると、システムパーティション (C ドライブ) を復元するシステムバックアップイメージファイルを選択できます。

      メモ
         1. 「User's Backup」を選択するには、Windows ソフトウェアの Lenovo Rescue システムを実行してシステムバックアップイメージファイルを作成する必要があります。
         2. C ドライブを初期状態に復元するときは、バックアップを取っていないデータは削除されます。


      System Setup (システムのセットアップ)
      1. 「System Setup」をクリックすると、ネットワークパスと管理者パスワードが設定できます。
      2. 「Network Settings」をクリックすると、ネットワークパスが設定できます。


      図4

      a. 「ADSL connection」をクリックし、「Next」をクリックすると、ブロードバンドダイアルアップ用の「User Name」、「Password」、「DNS Server」の入力が必要になります。


      図5


      図6

      b. 「LAN connection」をクリックし、「Next」をクリックするとLAN接続に必要な情報の入力が必要です。 図7をご覧ください。


      図7


      Password Management (パスワード管理)

      管理者パスワードが必要な場合は、「System Setup」の下の「Password Management」(図4参照) に移動します。


      図8

      注:
         パスワードを入力し、確認します。 パスワードは一旦作成すると削除できません。

       

      OneKey Recovery (Windows ソフトウェア)

      One Key Recovery はプリロードに含まれるソフトウェアです。 システムをリカバリーするための「User's Backup」の作成とリカバリーディスクの作成ができます。

      このプログラムには「System Backup」、「System Recovery」、「Create Recovery Disc」の3つの機能があります。
      OneKey Recovery を起動するには、スタートメニューから「すべてのプログラム」 → 「Lenovo」 → 「Lenovo OneKey Recovery」の順にクリックします。


      システムのバックアップ(詳細はこちら)

      1. 「System Backup」をクリックしてユーザーバックアップを作成します。 図9をご覧ください。


      図9

      2. 図10の画面になったらバックアップする場所を選択します。

       
      図10


      System Recovery (システム リカバリー)

      1. 図9の画面で「System Recovery」をクリックすると、コンピューターを初期バックアップやユーザーが作成したバックアップに復元できます。

      2. 「Yes」をクリックしてシステムのリカバリーを始めます。 システムは自動的に再起動し、Lenovo Rescue システム が起動します。(F2を押した場合と同じ効果です。)

      3. 以下の手順は OneKey Recovery と同じです。


      リカバリーディスクの作成

      1. 「Create Recovery Disc」をクリックすると、リカバリーディスクが作成できます。


      図11

      メモ

      必要に応じて異なる種類のリカバリーディスクを作成できます。 リカバリーディスクはコンピューターを自動的に起動し、システムをバックアップした時の状態に復元します。 リカバリーディスクの1枚目は起動可能ディスクです。

      • Recovery disc with existing backup image - 現在のシステムのデータを直接CDやDVDに書き込みます。 詳細はこちら
      • Recovery disc with current system - 現在のシステムパーティションをCDやDVDに書き込みます。 
      • Factory default recovery disc - 隠しパーティションにあるデータをCDやDVDに書き込みます。 ハードドライブに問題がある場合やOneKey Recoveryが機能しない場合は、リカバリーディスクを使ってハードドライブを工場出荷時の初期状態に復元できます。 詳細はこちら
      1. リカバリーディスクを作成しておくことを強くお勧めします。 ハードディスクを交換する場合にも役立ちます。
      2. 作成したリカバリーディスクには、できた順番に番号を振ってください。
      3. リカバリーディスクの作成には、書き込みが滞りなく進むように品質の良いディスクを使い、全てのバックアップデータの作成が完了するようにしてください。

      関連リンク

      検索

      この情報はお役に立ちましたか?

      より良いサービス提供のため、ご意見をお聞かせください.

      • エイリアス番号: IN20100607-011
      • 文書番号: HT069461
      • 最終更新日 :09 Sep 2016
      • (c) 2016 Lenovo