サポートしていないブラウザーが確認されました:現在お使いのブラウザーには対応していませんこちらをクリックしてサポートしているブラウザーと入手方法を確認してください。

ThinkVantageテクノロジー 管理者用ツール

ここでは Lenovo 製品の ThinkVantage テクノロジーの活用と管理に役立つツールをいくつかご紹介します。 ご覧になりたい管理者ツールをクリックすると説明に移動します:

PDF ファイルをご覧になるにはAdobe Reader が必要です。

Get Adobe® Reader®のタウンロード

 

Access Connections
Access Connections を使用してワイヤレス LAN ネットワークのロケーション プロファイルをインポートやエクスポートすることが可能です。 この機能は、ワイヤレスLANのセキュリティー機能やすべてのプロファイル設定をエクスポートしません。 管理者プロファイル配布機能をダウンロードし導入することにより、固定された静的 WEP キーやパスワードなどのワイヤレス LAN のセキュリティー機能とすべてのプロファイル設定をエクスポートすることができるようになります。
トップへ戻る

 

AutoLock

AutoLock は顔認識機能によって人がいるかどうかを検知してコンピューターを自動的にロックし、ユーザーが席を外している間に機密データが外部にさらされないように保護します。管理者が組織全体のコンピューターで自動ロック ストラテジーを強化すると機密データのセキュリティーを向上させることができます。
トップへ戻る

 

指紋認証ソフトウェア

指紋センサー管理コンソールは、指紋認証ソフトウェアの設定をコマンドプロンプトからスクリプトを実行することでカスタマイズできるようにするツールです。
トップへ戻る

 

Password Manager

ThinkVantage Password Manager はWebサイトとWindowsアプリケーションのパスワードを保存し、そのサイトを訪れたりアプリケーションにログオンしたりするときに自動的にパスワードを入力することができます。 Password Manager は、パスワードデータベースに保存した登録を閲覧し、修正するためのインターフェースがあります。 このインターフェースではアプリケーションの設定を構成することもできます。
 

トップへ戻る

 

省電力マネージャー管理者ツール

管理用テンプレート ファイル (ADMファイル) はクライアント コンピューターで使用されるポリシー設定を定義します。ポリシーはアプリケーションの動作を規定する固有の設定です。また、アプリケーションを通してユーザーが特定の設定をできるようにするかどうかも定義します。サーバー上で管理者によって定義された設定はポリシーとして定義されます。クライアント コンピューター上でユーザーによってアプリケーション用に定義された設定はプリファレンスとして定義されます。ポリシーはプリファレンスに優先します。

:

  1. 省電力マネージャー管理者ツールはThinkPad用、デスクトップ用ともにActive Directoryの同じエントリーを使用します。
  2. 現在のデスクトップ用省電力マネージャー管理者ツールは電源スケジュールに対応しています。

Windows XP用
Windows Vista用 / Windows 7

省電力マネージャー デプロイメント ガイド
本ガイドはIT管理者または組織内のコンピューターに対する省電力マネージャーの導入担当者を対象としています。 このガイドには省電力マネージャーを一台または複数台のコンピューターにインストールするために必要な情報、およびActive Directoryに関係する共通の管理業務に関する情報が記載されています。 組織全体のシステムに対して電源管理の方針を適用することで相当な省電力が可能です。

トップへ戻る

 

System Update

System Update 5.06.0037 (多言語対応)

ダウンロード

System Updateは、ソフトウェア、ドライバー、BIOSの更新をLenovoのサーバーからインターネットを介して直接インストールします。その際、パッケージの場所や、対象とするシステムにその更新が必要かどうかなど、特別な知識は必要としません。

以前のバージョンからの変更点

  • セキュリティに関連する諸問題の修正。

注:

System Update 5.06 は Microsoft Windows 8/ Windows8.1 と Windows 7 にのみ対応します。

Microsoft Windows XP と Windows Vista をお使いの場合は以下の System Update 3.16 をご覧ください。

System Update が正常に動作するためには、 Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 以上が必要です。


System Update 5.0 デプロイメント ガイド
本ガイドはIT管理者または組織内のコンピューターに対する System Update の導入担当者を対象としています。 このガイドにはSystem Updateを1台または複数のコンピューターにインストールするために必要な情報が記載されています。但し、対象とする各コンピューターがソフトウェアのライセンスを取得していることが前提です。 System Update アプリケーションには、管理者とユーザーがアプリケーションの使用法について調べるためにヘルプが備わっています。 本ガイドには、Update Retriever および Thin Installer についての情報も含まれています。

: System Update デプロイメント ガイドを入手するには、以下のリンクをクリックしてください。


管理者ツール
Administrative (ADM) テンプレート ファイルはクライアント コンピューターにおけるアプリケーションで使用されるポリシー設定を定義します。ポリシーは、アプリケーションの動作を管理する特定の設定です。また、ポリシー設定は、ユーザーがアプリケーションで特定の設定を定めることができるかどうかを定義します。サーバー上の管理者によって定義された設定は、ポリシーと定義されます。クライアント コンピューター上のユーザーによって定義されたアプリケーションの設定は、プリファレンスと定義されます。マイクロソフト社によって定義されているように、ポリシー設定はプリファレンスより優先されます。

トップへ戻る

 

System Update 3.16 多言語対応

ダウンロード

System Update は、ソフトウェア、ドライバー、BIOSの更新をLenovoのサーバーからインターネットを介して直接インストールします。その際、パッケージの場所や、対象とするシステムにその更新が必要かどうかなど、特別な知識は必要としません。

以前のバージョンからの変更点

  • 諸問題の修正。

注:
ThinkVantage System Update が正常に動作するためには、Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 または Microsoft .NET Framework 2.0 が必要です。

Windows Vista (32ビット、64ビット) Service Pack 2 をお使いの場合は、System Update を実行する前に ThinkVantage System Update パッチをインストールする必要があります。詳細は以下のリンク先をご覧ください。


System Update 3.14 デプロイメント ガイド
本ガイドはIT管理者または組織内のコンピューターに対する System Update の導入担当者を対象としています。 このガイドには System Update を1台または複数のコンピューターにインストールするために必要な情報が記載されています。但し、対象とする各コンピューターがソフトウェアのライセンスを取得していることが前提です。 System Update アプリケーションには、管理者とユーザーがアプリケーションの使用法について調べるためにヘルプが備わっています。 このガイドには、Update Retriever および Thin Installer についての情報も含まれています。 System Update 3.14 のデプロイメント ガイドはSystem Update 4.0 のものと共通です。 こちらのリンクから最新のデプロイメント ガイドをダウンロードしてください:


System Update 3.16 管理者ツール
Administrative (ADM) テンプレート ファイルはクライアント コンピューターにおけるアプリケーションで使用されるポリシー設定を定義します。ポリシーは、アプリケーションの動作を管理する特定の設定です。また、ポリシー設定は、ユーザーがアプリケーションで特定の設定を定めることができるかどうかを定義します。サーバー上のアドミニストレーター(管理者)によって定義された設定は、ポリシーと定義されます。クライアント コンピューター上のユーザーによって定義されたアプリケーションの設定は、プリファレンスと定義されます。マイクロソフトによって定義されているように、ポリシー設定はプリファレンスより優先されます。


System Update バージョン管理
SSClientCommon.zip ツールを使用して System Update の特定のバージョンをローカルに保存するようにネットワーク リポジトリーを設定すると、ユーザーが System Update のバージョンを管理することができるようになります。 System Update のバージョンをローカルに保存すると、System Update アプリケーションはネットワーク内でアップグレードを検索することができるようになります。 詳しくは デプロイメントガイド をご覧ください。

トップへ戻る

 

Thin Installer 1.2.0014

ダウンロード

Thin Installer は System Update の縮小版です。

Thin Installer はユーザーが作成したリポジトリーから更新パッケージを検索します。リポジトリーは、ローカル ハードディスク ドライブ、ネットワーク共有、または外部メディア (CD、DVD、USBハードディスク ドライブなど) に作成することができます。Thin Installer が更新パッケージのインストールを完了した際に、Thin Installer 関連のレジストリー キーまたは一時ファイルが作成されることはありません。このため、Thin Installer のアンインストールに必要なのは、リポジトリー フォルダーおよび関連するすべてのファイルの削除のみです。

以前のバージョンからの変更点

  • Windows 8.1に対応
トップへ戻る

 

Update Retriever 5.00.0011

ダウンロード

ThinkVantage Update Retriever (TVUR) とThinkVantage System Update (TVSU) はお客様の要望に応え、多くの改善がなされました。 TVUR はさらにいくつかの分野で拡張を施し、パフォーマンス、使いやすさ、エラー コードの取り扱いについて改善されました。 これらの改善を十分活用するために、TVUR バージョン 5.00.0011 への更新を強くお勧めします。 詳しくはリリースレターをご覧ください。

: 新しい更新を取得中に "The Package Index Server is temporarily unavailable" というメッセージが表示された場合は、TVURを本バージョンに更新してください。

以前のバージョンからの変更点

  • TLS セキュリティプロトコルに対応。
トップへ戻る

 

その他情報
ThinkVantageテクノロジーについて

  • エイリアス番号: TVAN-ADMIN
  • 文書番号: HT037099
  • 最終更新日 :11 Aug 2015
  • (c) 2015 Lenovo