ご利用のブラウザに対応しておりません

Lenovoサポートサイトは Microsoft© Internet Explorer 10+ 以上 Mozilla Firefox 29+ 以上 Chrome 34+ 以上や、他の最新のWebブラウザに対応しております。

      イベント ビューアで Service Control Manager エラーが記録される (Windows XP 初期導入モデルのみ) - ThinkPad R50/p, T41/p

      ヒント集

      症状
      コンピュータを起動するたびに、以下のエラーが「イベント ビューア」に記録されることがある (Windows XP 初期導入モデルのみ)。

      • 種類: エラー
      • ソース: Service Control Manager
      • 分類: なし
      • イベント ID: 7000
      • 説明: CmdIde サービスは次のエラーのため開始できませんでした。指定されたサービスは無効であるか、または有効なデバイスが関連付けられていないため、開始できません。

      対象となるモデル
      以下の製品の Windows XP 初期導入モデル
      • ThinkPad R50
      • ThinkPad R50p
      • ThinkPad T41
      • ThinkPad T41p

      解決方法
      以下の手順で、Windows XP レジストリ ファイルを自動編集します。
      そうすることで、コンピューターがドッキング・ステーションに接続されている時だけドッキング・ステーション用のCmdIdeサービスが始動され、エラーが記録されないようになります。

      自動編集の方法:
      1. コンピューターがドッキング・ステーションに接続されている場合は、取り外します。
      2. Windows XPを始動します。始動後アドミニストレーター特権をもつユーザー IDでログオンします。
      3. 以下のファイル(CMDIDEfx.cmd)をハードディスク上にコピーします。
      4. エクスプローラを始動し、ファイルをコピーした先でダブルクリックします。 短い時間にウィンドウが一つ現れて消え、作業が完了します。
      5. コンピューターを再起動します。

      CMDIDEfx.cmd


      補足
      このエラーは何も問題を起こしません。 単にメッセージが記録されてしまうだけです。

        この情報はお役に立ちましたか。?

        より良いサービス提供のため、ご意見をお聞かせください。.

        • エイリアス番号: MIGR-54383
        • 文書番号: HT036541
        • 最終更新日 :17 Jun 2014
        • (c) 2015 Lenovo