ご利用のブラウザに対応しておりません

Lenovoサポートサイトは Microsoft© Internet Explorer 10+ 以上 Mozilla Firefox 29+ 以上 Chrome 34+ 以上や、他の最新のWebブラウザに対応しております。

      ThinkVantage Access Connections がクラッシュまたはハングする - ThinkPad, Value Line Notebooks

      現象

      ThinkVantage Access Connections が原因で Stop エラーが表示されたり、Windows がエラーメッセージを表示しハングすることがあります。

      2009年8月よりすべての Lenovo 3000 ファミリーシステムは、Value Line へと名称が変更になりました。詳細は こちら をご確認ください。

      対象となる機種

      ThinkVantage Access Connections 5.02 またはそれ以前のバージョンが導入された以下の Lenovo システムで発生することがあります。

      • ThinkPad R50, R50e, R50p, R51, R51e, R52
      • ThinkPad R60, R60e, R61, R61e, R61i
      • ThinkPad R400, R500
      • ThinkPad SL300, SL400, SL500
      • ThinkPad T41, T41p, T42, T42p, T43, T43p
      • ThinkPad T60, T60p, T61, T61p
      • ThinkPad T400, T500
      • ThinkPad W500, W700
      • ThinkPad X31, X32
      • ThinkPad X200, X300, X301
      • ThinkPad X40, X41, X41 Tablet
      • ThinkPad X60, X60s, X60 Tablet, X61, X61s, X61 Tablet
      • ThinkPad Z60m, Z60t, Z61e, Z61m, Z61p, Z61t
      • Lenovo C200
      • Lenovo N100, N200
      • Lenovo V100, V200
      解決策

      ThinkVantage Access Connections をバージョン 5.12 またはそれ以降にアップデートしてください。

      最新の Access Connections は以下のサイトからダウンロードしてください。

      この情報はお役に立ちましたか。?

      より良いサービス提供のため、ご意見をお聞かせください。.

      • エイリアス番号: MIGR-71777
      • 文書番号: HT001541
      • 最終更新日 :21 Nov 2014
      • (c) 2016 Lenovo