Print
アカウント
Search

オーディオの問題のトラブルシューティング - Value Line Notebooks 全般

一般的なトラブルシューティング

問題判別と解決を行うには、以下の手順を参照してください:

補足:

  • いくつかの手順は、ご使用の製品に該当しない場合があります。
  • 「導入/取り外し手順」や「ヒント集」など各メニュー別情報は、使用中の製品を自動検出して検索、または製品を選択して検索することができます。
  • ここでは主にまったく音が出ない問題の解決を対象としています。

 

  1. 音量調整が正しく設定されていることを確認します。
    キーボード上部にある音量ボタンのほかに、Fn キーとの組み合わせで音量調節することが可能です。
    • 音量を上げるには、 Fn + F2 キーを押します。
    • 音量を上げるには、 Fn + F1 キーを押します。
    • ミュートにするには、 Fn + Esc キーを押します。

  2. 画面右下のタスクトレイ上の音量アイコン (スピーカーの絵) をクリックし、マスタ音量の [ミュート] にチェックが入っていないか、また音量が上がっているか確認します。 また、ボリュームコントロール画面で Wave の項目が表示され、ミュートの設定になっていないか、音量が上がっていることを確認します。.
    タスクトレイ上のスピーカーアイコン ( タスクトレイのスピーカーアイコン または タスクトレイのスピーカーアイコン) をクリックして、音量の調節画面を開きます。
    注: タスクトレイにスピーカーアイコンが表示されていない場合は、以下のリンク先より対処法を参照してください。

    Windows XP - タスクバー内にスピーカーアイコンを表示させる方法

    音量調節

    タスクトレイ上のスピーカーアイコン ( タスクトレイのスピーカーアイコン または タスクトレイのスピーカーアイコン) をダブルクリックしてボリュームコントール画面を開きます。

    ボリュームコントロール


  3. ヘッドフォン、または外部スピーカーを接続し音が出るかを確認します。

    オーディオ・ジャック 説明
    ステレオヘッドフォン・ジャック ヘッドフォン・ジャックは、ステレオ・ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続するために使用します。
    マイクロフォン・ジャック このジャックは、マイクを接続し、録音や音声認識ソフトウェアを使用するために使われます。

  4. 最新の BIOS がインストールされていることを確認します。

    Value Line Notebooks ドライバー一覧 で最新の BIOS を確認することができます。

  5. BIOS の設定を出荷時の状態に戻します。下記サイトより該当のマシンのリンク先をご参照ください。

    システムの設定(BIOS)を出荷時の状態に戻す手順の一覧表 - Value Line Notebooks

  6. 最新のオーディオ・ドライバーがインストールされていることを確認します。 最新のドライバーは、 Value Line Notebooks ドライバー一覧 からダウンロードできます。または、 System Update を使用してインストールが可能です。
  7. 現在の設定を保存し、Windows XP をご使用の場合は「システムの復元」、Windows 2000 をご使用の場合は「ConfigSafe」を使用して初期設定または問題が発生する前の状態に戻します。
    「システムの復元」手順は以下のリンク先を参照してください。

    Windows XP - システムの復元手順

  8. DXDIAG.EXE を使用して 最新の Direct X が導入されているか確認します。
    1. スタート - ファイル名を指定して実行 をクリックします。
    2. 名前 欄に「DXDIAG.EXE」と入力し OK をクリックします。
    3. システム タブをクリックして Direct X のバージョンを確認してください。
    4. 補足: http://www.microsoft.com/japan/windows/directx/default.mspx よりDirect X に関する情報を確認してください。

  9. 上記作業を行っても改善されない場合は、以下のリンクにアクセスし、お使いのPCのサブシリーズ(例: N100)を入力してヒント集で情報を検索してください。

    ヒント集
追加情報

Value Line Notebooks の保証・保守に関する情報を参照する
サポート電話窓口一覧
Value Line Notebooks トラブルシューティングに戻る