Print
key アカウント
Search
Unsupported Browser Detected: Dear user, the browser you’re currently using is not supported by this website. Please click here for more information about the browsers we support and how to obtain them.

メモリーの問題のトラブルシューティング - ThinkPad

手順によっては、ご使用の製品に当てはまらない場合があります。 それぞれの手順を実施した後でメモリーをテストしてください。
注: パワーオン自己テスト(POST)中にエラーコードや数値コード、ビープを受信するときは、 ThinkPad 一般的なPOSTメッセージ をご覧ください。

  1. 最新のBIOSがインストールされているか調べます。
    1. ThinkPadシステム用の最新のBIOSを閲覧するにはここをクリックしてください。
  2. 適切なメモリーを使用しているか、適切に取り付けられているか調べます。
    1. 一般的に、ThinkPadシステムにはアップグレードモジュールを取り付けられるソケットがひとつあります。 より大きなメモリーにアップグレードするには標準で取り付けられているメモリーを取り外す必要がある場合があります。 システムによってはキーボードの取り外しが必要な場合があります。
    2. ThinkPadシステム用メモリーの互換性 を開いてメモリーの種類、最大容量、スピードについての情報を記録してください。
  3. すべてのメモリーモジュールを取り外します。
    1. 上記の手順で部品番号とその他の情報をそれぞれのメモリーモジュールのラベルに記載されているものと比較します。 情報が一致しない場合は、そのモジュールはそのシステムに対応していない可能性があります。 メモリーの増設が可能か確認する方法 も参照してください。
    2. モジュールをひとつずつ元々取り付けられているスロットから別のスロットに取り付け直してみます。 それぞれのモジュールを取り付けた後、認識されたメモリーが現在取り付けられているメモリーと一致するか調べます。メモリーが一致しない場合は、メモリースロットが故障している可能性があります。
    3. メモリーが認識されているかはシステムのプロパティやBIOS Setup Utility で調べることができます。

      システムのプロパティを開くには:

      1. Windows Vista/Windows 7:
        1. スタートメニューをクリックし、コントロール パネルをクリックします。
        2. システムをダブルクリックします。
      2. Windows XP:
        1. スタートメニューをクリックし、コントロール パネルをクリックします。
        2. パフォーマンスとメンテナンスをクリックし、システムをクリックします。

      BIOS Setup Utility を開くには:

      1. コンピューターの電源を入れます。
      2. 起動ロゴが表示されたら F1 を押すと BIOS Setup Utility が起動します。 パスワードを要求されたら正しいパスワードを入力します。 BIOS Setup ユーティリティのメイン・メニューが表示されます。
  4. 診断:
    1. Lenovo 診断ソフトウェア ページを開きます
    2. Lenovo Solution Center をダウンロード、インストールしてメモリーをテストします
      1. Lenovo メモリー クイックテスト も利用できます。
    3. Windows を使用せずにメモリーをテストしたい場合は、Lenovo 診断プログラム 起動ディスク (起動用 CD) をダウンロードしてCDを作成してください。
追加情報

以下のオプションから必要なものを選んでください。

保証状況の確認とアップグレード
Lenovoフォーラムで援助を求める 新規! (英語)
最寄りのサポートセンターに連絡する

ThinkPad トラブルシューティングに戻る

 


  • Alias ID: MIGR-4YQLS4
  • Document ID: HT080210
  • Last Updated :2014/06/17
  • (c) 2014 Lenovo