アカウント
Search

Microsoft Windows 8を案内するのに役立つ情報

状況

このヒント集にはMicrosoft Windows 8を案内するのに役立つ情報を集めました。

関係するシステム構成

上記の問題は主に以下のシステムに関係します:

  • ThinkCentre
  • ThinkStation
  • ThinkServer
  • ThinkPad
  • Idea Tablet
  • IdeaPad
  • IdeaCentre

適用:

  • すべて オペレーティングシステム
  • Microsoft Windows 8
  • Microsoft Windows 8 Pro

その他の情報:

クイックアクセスメニュー:

大変役立ち、重要な機能であるWindowsクイックアクセスメニューを開くには二通りの方法があります。WindowsキーとXキーをクリックする方法と、画面左下隅で右クリックする方法です。

このメニューは電源 Options、Event Viewer、Device Manager、Command Prompt、Task Manager、Control Panel、「実行」機能などの役立つ機能にアクセスできます。

検索機能の使用:

Windows 8で検索機能を使うには、キーボードのWindowsキーとCキーをクリックします。 これで画面右側に沿ってチャームバーが開きます。 チャームバーには検索機能、シェア機能、スタートメニューに戻るクイックリンク、デバイスチャーム、コンピューターの設定チャームがあります。

ホットコーナーについて:

画面の隅はホットコーナーになっていて、そこから別のWindows機能にアクセスできます。 下は各コーナーの簡単な説明です。

左下隅:

画面左下のホットコーナーはスタート画面にアクセスでき、先にスタート画面でデスクトップを開いていた場合はコーナーからデスクトップを開けます。

ヒント: 左端隅で右クリックすると電源ユーザーメニューが開きます。

画面左上隅:

マウスを左上隅から下に移動すると、コンピューターで稼働しているすべてのアプリケーションが表示されます。 これらのアプリケーションのどれかをクリックし、画面左右の端にドラッグすると、そのアプリケーションを画面の端にスナップできます。 アプリケーションのアイコンを右クリックしても、そのアプリケーションを閉じたりスナップしたりできます。

画面右端:

画面右端全体からWindowsチャームにアクセスできます。

タスクマネージャーを開いてスタートアップアイテムを捜す:

スタートアップアイテムを変更するのにもうMSConfigプログラムを実行する必要はありません スタートアップアイテムはタスクマネージャーのタブの一つに表示されています。 単にCtrl + Alt + Delを押してタスクマネージャーを選択します。 ウィンドウ下部の「詳細表示」タブをクリックし、上部から「スタートアップ」タブを見つけます。

セーフモードで起動:

何かが原因でシステムを正常に起動できない場合、セーフモードが有効な方法のひとつです。 壊れたドライバーやファイルが正常にロードされず、システムの機能が妨げられる場合、トラブルシューティングが必要です。 セーフモードを起動するには以前はシステムの起動時にF8を押しましたが、Windows 8ではそのようにすると自動的にリペアモードに入ります。 セーフモードで起動するには、システムの起動時にシフトキーを押したままF8を押します。

これでリカバリーモードに入ります。 「詳細オプション」を選択し、「トラブルシューティング」、そしてまた「詳細オプション」を選択します。(詳細オプションは数多くあります) 「スタートアップ設定」を選択し、最後に「再起動」ボタンをクリックします。 システムはセーフモードで再起動します。

Windows からセーフモードに入る必要がある場合は、Windowsキー+Rを押してダイアログボックスを開き、"msconfig" と入力します。(引用符は入力しません) 「ブート」タブを選択し、「セーフブート」にチェックを入れます。 これで、チェックをはずすまでシステムはセーフモードで起動するようになります。

USBリカバリーメディアでWindows 8を復元する:

http://support.lenovo.com/ja_JP/downloads/detail.page?DocID=HT076024

下はWindows 8がハードドライブにインストールされている場合の手順です:

  1. 既にプリロードされたMicrosoft Windows 8に重ねてオペレーティングシステムを復元するハードドライブを選択します。
  2. パーティションを構成し直す場合は「はい」を、既存のパーティションを維持する場合は「いいえ」を選択します。 クリーンインストールするときははパーティションを再構成してください。
  3. 「ドライブを完全に消去する」を選択します。
  4. 「リセット」をクリックするとプロセスが始まります。
  5. リセット/リカバリーのプロセスはおよそ90分かかります。
  6. リセット/リカバリーが完了するとシステムは再起動し、Windowsを起動します。

下はハードドライブに何もインストールされていない場合の手順です:

  1. パーティションを再構成する場合は「はい」を、既存のパーティションを維持する場合は「いいえ」を選択します。
  2. どちらかを選択してクリックしてください。以下は再構成する場合の手順です。
  3. 「ドライブを完全に消去する」を選択します。完了するまでに数分かかります。
  4. 「リセット」をクリックするとプロセスが始まります。
  5. リセット/リカバリーのプロセスはおよそ90分かかります。
  6. リセット/リカバリーが完了するとシステムは再起動し、Windowsを起動します。