Print
key アカウント
Search
Unsupported Browser Detected: Dear user, the browser you’re currently using is not supported by this website. Please click here for more information about the browsers we support and how to obtain them.

Windows 7で復元ポイントをたくさん作成すると起動プロセスがとても遅い

症状

Windows 7で「復元ポイント」をたくさん作成すると一部の起動プロセスがとても遅くなります。

この症状は2テラバイト以上のハードディスクドライブをひとつのパーディションでCドライブとして使っている場合により深刻になります。起動時間は30秒以上遅くなります。

 

 

図.1

 

影響のあるシステム構成

上記の症状は以下のシステムで発生する場合があります:

Windows 7がインストールされ、2テラバイト以上のハードディスクドライブを搭載したシステム

 

対策

マイクロソフト社からこの問題の対策が公開されています。以下のWebリンクからこの問題に関連する情報を見つけることができます: http://support.microsoft.com/kb/2555428

 

この問題はReadyBoot機能用の起動プランが512キロバイトの制限を超えるために発生します。それぞれの復元ポイントは、Volsnap.sysが起動プロセス中に確認しなければいけないWindowsのスナップショットを作成します。たくさんの復元ポイントを作成すると、ReadyBoot機能用の起動プランがやがて制限サイズの512キロバイトを超え、格納することができません。そのため、起動I/Oオペレーションがあらかじめキャッシュされず、起動プロセスが遅くなります。

 

この問題を解消するには、

1.     このリンクをクリックします:  http://support.microsoft.com/kb/2555428

2.     この問題に関する修正プログラムをダウンロードします。

 


  • Alias ID: IG20120228-002
  • Document ID: HT072325
  • Last Updated :2014/03/26
  • (c) 2014 Lenovo