アカウント
Search

キーボード上のファンクション・キーの使い方 - ThinkPad X60 Tablet, X61 Tablet

ヒント集

 

以下の表は、キーボード上のファンクション・キー(Fn)の役割と使い方をまとめたものです。

:

  • Fn キーは、OS か独立して動作します。

キーの組み合わせ内容
Fn + F1予約済み
Fn + F2予約済み
Fn + F3

省電力管理で作成された省電力スキームを選択します。この組合せのキーを押すと、省電力スキームの選択パネルが起動します。

注:

  1. Fn+F3 キーの組合せを使用するには、パワー・マネージメント(省電力)デバイス・ドライバーがコンピューターにインストールされていなければなりません。
  2. 管理者ユーザー ID でログオンしFn+F3 を押した場合、省電力スキームの選択画面のパネルが表示されます。他のユーザー ID でログオンしFn+F3 を押した場合、パネルは表示されません。
  3. Fn+F3 を押してコンピューター画面をオフにすることはできません。
Fn + F4

コンピューターをスタンバイ・モードに移行させます。通常モードに復帰するには、ファンクション・キーを押さずに Fn キーのみを押します。

注:

  1. Fn+F4 キーの組合せを使用するには、パワー・マネージメント(省電力)デバイス・ドライバーがコンピューターにインストールされていなければなりません。
  2. この組合せのキーはあmたスリープ・ボタンとしても機能します。このキーの組合せを、コンピューターをハイバネーション・モードやシャットダウンしたいときに使用したい場合は、省電力管理で設定を変更することができます。
Fn + F5

内蔵のワイヤレスネットワークまたは Bluetooth 機能を使用可能、使用不可能に切り替えます。Fn+F5 を押すとワイヤレス機能のリストが表示されます。リスト上の各機能の電源状態を即座に変更することができます。

注: 特に IEEE 標準 802.11 を使用可能にするために Fn+F5 を使用したい場合は、以下のデバイス・ドライバーがコンピューターに事前にインストールされている必要があります。

  • ThinkPad 省電力マネージャー・ドライバー
  • オンスクリーン・ディスプレイ・ユーティリティ
  • ワイヤレス・デバイス・ドライバー
Fn + F6予約済み
Fn + F7

プレゼンテーション・ディレクターを開始せずに、直接プレゼンテーション・スキームを適用してください。

この機能を使用不可にし、Fn+F7 キーの組合せを画面出力場所の切り替えにしようするには、プレゼンテーション・ディレクターを起動して設定を変更してください。

画面出力場所の切り替え

  • 外付けモニター (CRT 画面)
  • コンピューター画面と外付けモニター(LCD + CRT 画面)
  • コンピューター画面 (LCD)

注:

  1. この機能は、他のデスクトップのイメージがコンピューター画面および外付けモニター(拡張デスクトップ機能)に表示されている場合はサポートされません。
  2. この機能は、DVD ムービーまたはビデオ・クリップが再生されている間は機能しません。この機能を使用可能にするには、プレゼンテーション・ディレクターを起動してFn+F7 の設定を変更します。

注: 複数ユーザーが、異なるユーザー ID を使用して 1 つのオペレーティング・システムにログオンできます。各ユーザーが設定を変更する必要があります。

Fn + F8

予約済み

Fn + F9ThinkPad EasyEject Utility の画面を開くと以下の選択ボタンが表示されます。

ドックから ThinkPad を取り外す: ドックから ThinkPad を取り外す: このボタンは、ThinkPad が ThinkPad ウルトラベース X6 Tablet に装着されている場合のみ表示されます。コンピューターは ThinkPad ウルトラベース X6 Tablet から取り外すことができます。

EasyEject を実行する: ThinkPad に装着されている外付けデバイスを選択、停止、取り外すことができます。

EasyEject を設定する: ThinkPad EasyEject ユーティリティのメイン・ウィンドウを開くことができます。

Fn+F9 の設定: Fn+F9 機能を設定します。

Fn + F10予約済み
Fn + F11予約済み
Fn + F12

コンピューターをハイバネーション・モードに移行します。通常の状態に戻すには、電源ボタンを 4 秒程度押します。

注: Fn+F12 をハイバネーション用として使用するには、コンピューターに省電力ドライバーをインストールする必要があります。

Fn + Homeコンピューター画面の輝度を明るくします。
Fn + Endコンピューター画面の輝度を暗くします。
Fn + Spacebar

全画面拡大機能を有効にします。

Fn+PrtScSysRq キーと同様の機能があります。
Fn+ScrLk数字キーパッドを使用可能、不可能に設定します。
Fn+PauseBreak キーと同様の機能があります。
Fn+cursor keysこれらのキーの組合せは、Windows Media Player で動作します。Fn+下向きの矢印キーは、再生、一時停止ボタンとして、Fn+上向きの矢印キーは、停止ボタンとして、Fn+右向きの矢印キーは、次のトラックボタンとして、Fn+左向きキーは、前のトラックボタンとして動作します。