Print
アカウント
Search

Windows Vista クラッシュ: 古いバージョンの ThinkVantage Access Connections が原因でシステムがハングまたは再起動することがある- ThinkPad 全般

ヒント集

 

現象
ThinkVantage Access Connection が原因で STOP エラーメッセージが表示されたり、 ブルースクリーン上にエラーメッセージが表示されシステムが応答しなくなることがあります。 またはエラーメッセージの後、システムが再起動する場合があります。

対象機種
バージョン 4.52 より古い ThinkVantage Access Connections がインストールされている以下の Lenovo システム:
  • ThinkPad R50, R50e, R50p, R51, R51e, R52
  • ThinkPad R60, R60e, R61, R61e
  • ThinkPad T41, T41p, T42, T42p, T43, T43p
  • ThinkPad T60, T60p, T61, T61p
  • ThinkPad X31, X32
  • ThinkPad X300
  • ThinkPad X40, X41, X41 Tablet
  • ThinkPad X60, X60s, X60 Tablet, X61, X61s, X61 Tablet
  • ThinkPad Z60m, Z60t, Z61e, Z61m, Z61p, Z61t
  • Lenovo C200
  • Lenovo N100, N200
  • Lenovo V100, V200

解決策

下記サイトより、ThinkVantage Access Connections を 4.52 またはそれ以降のバージョンにアップデートしてください。

ThinkVantage Access Connections (Windows Vista)