Print
key アカウント
Search
Unsupported Browser Detected: Dear user, the browser you’re currently using is not supported by this website. Please click here for more information about the browsers we support and how to obtain them.

バッテリー自主回収のお知らせ

一覧からご希望の言語を選択してください。
· 简体中文 · Bahasa Indonesia · 한글 · Suomi
· 繁體中文 · Français · Bahasa Melayu · 日本語
· Dansk · עברית · Português · русский язык
· Deutsch · हिंदी · Svenska · English
· Español · Italiano · ภาษาไทย · Việt
レノボのお客様各位

2014年3 月28 日、レノボは全世界で一部のリチウムイオン・バッテリーの自主回収を発表しました。これらのバッテリーは、2010年10月から2011年4月にかけThinkPadノートブック・コンピュータ用に製造され、世界中に出荷されました。自主回収の対象であると判別されたバッテリーについては、保証状況にかかわらず交換用バッテリーを無償で提供しています。

2014年3月28日付のバッテリー自主回収の FAQ をご覧ください。

以下のThinkPadに搭載されたものか、またはオプションとして単体で販売されたものか、修理交換したバッテリーが今回の対象である可能性があります。
  • ThinkPad T410、T420、T510、W510、X100e、X120e、X200、X201、X201s、Edge 11、Edge 13、Edge 14 シリーズ
  • オプション製品 43R9255、51J0500、57Y4186、57Y4564、57Y4565、57Y4625、57Y4559、43R9254、0A36277
これらのモデルには、3 セル、4 セル、6 セルまたは 9 セルのバッテリーが搭載されていた可能性があります。

以下に記載いたしました部品番号(ASM P/N)が印字されたバッテリーが対象である可能性があり、その中の一部が、今回の自主回収の対象となります。
  • 42T4695, 42T4711, 42T4798, 42T4804, 42T4812
  • 42T4822, 42T4828, 42T4834, 42T4840, 42T4890
お客様のバッテリーが自主回収の対象と判別された場合、ThinkPadノートブックPCを安全にお使いいただくために、交換用バッテリーが届くまで、システムの電源を切り、バッテリーを取り外して、AC アダプターと電源コードだけを接続して ThinkPad に電力を供給してください。

交換用バッテリーのお申し込みはこの Web サイトにて受け付けておりますが、さらにご質問などございましたら、下記特設窓口までお問合せください。
レノボ・スマートセンター(特設窓口) : 0120-988-819
受付時間 : 月~日 9:00-18:00
レノボ月次指定休業日*および12/30~1/3を除く
*毎月の休業日は以下のWEBサイトにてご案内いたします。
www.lenovo.com/jp/lsmartctr/

レノボは、この問題により皆様に大変ご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。品質の高い製品の出荷には、これまでも常に最大の注意を払って参りましたが、これからも引き続きその姿勢を保つ所存です。
自動ソリューション
自動ソリューションを使って、お客様のバッテリーが自主回収の対象となっているかを判別することができます。自動ソリューションをご利用になるには、以下の設定が必要です:このページを表示する時にインターネットに接続していること。ThinkPadノートブックPCに判別したいバッテリーが装着されていること。注: お客様のThinkPadに自動ソリューション・プログラムのインストールを許可するため、システム設定を一時的に変更する必要があるかもしれません。(例:ポップアップブロッカー、ファイアウォールなど) お客様のバッテリーが自主回収の対象となっている場合は、自動ソリューション・プログラムの完了後に交換用バッテリーのお申込み画面へお進みいただけます。対象外の場合は、交換の必要はなく引き続きご安心してシステムをお使いいただけます。

以下のリンクをクリックし、自動ソリューション・プログラムのインストールを開始してください。また、ステップ・バイ・ステップの説明をお読みになりたい方は、手順の説明をクリックしてください。


※ThinkPadバッテリー交換のお申込みまでの流れを確認するにはここをクリックして下さい。(PDF)
バッテリーの取り付け、取り外し方法
自動ソリューションのご利用手順
  1. 自動ソリューションの進行に沿ってこの説明をご理解いただくため、このページを印刷してください。
  2. 説明を印刷したら、自動ソリューションを開始します。
  3. ファイルのダウンロード: Run(実行)を選択します。(Save(保存)を選択する場合は、ファイルの保存場所を必ずメモしてから、ファイルをダブルクリックして開始します。) ファイルのダウンロードの進行状況を示す進行ウィンドウが表示されます。
  4. ダウンロードが完了すると「Do you want to run this file?(このファイルを実行しますか?)」というダイアログ・ウィンドウが表示されます。Run(実行)を選択します。
  5. Setup Wizard ウィンドウが表示されます。各画面の指示に従いNext(次へ)をクリックした後、Install(インストール)をクリックして自動ソリューション・プログラムをインストールします。デフォルトのブラウザが開き、お客様のシステムに自主回収の対象バッテリーがあるかどうかを示すページが表示されます。
  6. 最後にSetup ウィンドウが表示されます。Finish(完了)をクリックしてインストールを完了します。
自動ソリューションは、お客様のバッテリーが自主回収の対象かどうかを判別するために必要なバッテリーの情報を収集します。このタスクが完了すると、デフォルトのブラウザが表示されます。表示されたページで、お客様のバッテリーを交換する必要があるかどうかがわかります。対象バッテリーと判別された場合は、交換用バッテリーのお申込み画面へお進みいただけます。

Expand or Collapse this section 自動ソリューションのアンインストール方法
Microsoft Windows XP/7/8に関して
  1. 管理者権限で実行してください。
  2. 「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→以下の項目を選択してください。
    「プログラムの追加と削除」 (XPの場合)
    「プログラムのアンインストール」 (7のカテゴリ表示の場合)
    「プログラムと機能」 (7のクラシック表示の場合)
    「プログラムと機能」 (8の場合)
  3. 「Lenovo Battery Program 2014」を選択し削除を実行してください。
  4. システムを再起動してください。
自動ソリューションを使用できない場合の手順
手動での入力画面は、自動ソリューションを実行できない方を対象としています。事前にThinkPadノートブックPCをシャットダウンしていただきバッテリーをはずしてバッテリーのバーコード(22桁)をお控え下さい。お手数ですが、手作業での入力になります。手動での入力画面が英語で表示された場合、Language選択欄でJapaneseを選択して下さい。

手動での入力画面を表示するにはここをクリックして下さい。

※ThinkPadバッテリー交換のお申込みまでの流れを確認するにはここをクリックして下さい。(PDF)
2014年3月28日付バッテリーの自主回収 FAQ
質問 1. 今回の自主回収によってどのモデルが影響を受けますか。
回答. 2010年10月から2011年4月までの間に製造された以下のThinkPadに搭載されたものか、またはオプションとして単体で販売されたものか、修理交換したバッテリーが今回の自主回収の影響を受ける可能性があります。
  • Edge 11、Edge 13、Edge 14 シリーズ
  • T410、T420、T510、W510 シリーズ
  • X100e、X120e、X200、X201、X201s シリーズ
  • オプション製品 43R9255、51J0500、57Y4186、57Y4564、57Y4565、57Y4625、57Y4559、43R9254、0A36277
質問 2. 自分のバッテリーが自主回収の対象かどうかはどのように調べられますか。
回答. ご利用のバッテリーが対象かどうかは www.lenovo.com/batteryprogram2014 のWebサイトで調べられます。ページが開いたら「日本語」を選択して下さい。そのサイトに記載されているThinkPadシリーズ名、オプション製品、部品番号のバッテリー全てが自主回収の対象という事ではありません。それらの中の一部のみが自主回収の対象になりますので、対象かどうかを判別するには、そのサイトに掲載されている自動ソリューション又は手動での入力により判別を行って下さい。

質問 3. 自主回収の対象であった場合は、交換にどれくらいの費用がかかりますか。
回答. レノボが交換用バッテリーを無償で送付いたします。

質問 4. 問題のバッテリーを返品する必要がありますか。
回答. はい。送付した時の緩衝材と箱をお使いいただき、同梱している返送用伝票(着払い)を用いて自主回収の対象バッテリーを必ず返送して下さい。

質問 5. 自主回収の処理にはどれくらいの期間がかかりますか。
回答. 新しいバッテリーを受け取られるまでに1週間程度かかる可能性があります。

質問 6. バッテリーが自主回収の対象ならば、新しいバッテリーを待つ間、自分のシステムを使用できますか。
回答. お持ちのバッテリーが自主回収の対象と判別された場合、ご客様のThinkPadを安全に使用し続けるには、次の手順に従って下さい。
  1. システムの電源をオフにします。
  2. バッテリーを取り外します。
  3. AC アダプターを使用してシステムに電力を供給します。

質問 7. 自分のシステムに他社製のバッテリーを使用しても安全ですか。
回答. いわゆる「グレーマーケット」のバッテリーの安全性は不明です。この種のバッテリーで問題が生じた事例があります。 弊社または弊社製品の正規販売店から購入されたバッテリーのみを使用することを強くお勧めします。

質問 8. ThinkPad を飛行機内で使用しても大丈夫ですか。
回答. 飛行機での使用は各航空会社の指示に従ってください。 お持ちのバッテリーが自主回収の対象であった場合、飛行機に搭乗するかどうかにかかわらず、バッテリーを取り外し、ACアダプターで電力を供給するようにして下さい。

質問 9. 自主回収を行うことになった理由は何ですか。
回答. 日本国内での発生報告はございませんが、米国で2件自主回収対象のバッテリー・パックの発熱事故が発生したとの報告を受けての事です。お客様の安全を最優先して、自主回収の実施が適切であると判断しました。

質問 10. 交換用バッテリーには保証がつきますか?
回答: 交換用バッテリーには 90 日間の保証がつきます。

質問 11. バッテリーのバーコードはどこに印字されていますか?
回答:次の写真の通りです。

  • Alias ID:
  • Document ID: HF004122
  • Last Updated :2014/07/24
  • (c) 2014 Lenovo